日立:家庭用エコキュート一部製品の新規受注を停止

日立グローバルライフソリューションズ(大隅英貴社長)は8月24日より家庭用エコキュートの新規受注を一時停止すると発表しました。

受注停止の背景としては、半導体・電子部品が長納期化していることと、一部製品の受注を停止することで部品を確保し、他製品の受注継続・納期遅延防止に努めるためとのこと。
また、今回受注停止するのは全47機種のうち下記15機種。
顧客の需要が高い製品を優先して生産するという理由から、下記製品が受注停止対象となっています。
(対象製品のニーズは全体の約5%程度)

受注停止期間:2022年8月24日~再開時期未定
現在受注されているものについては、予定通り納品されるよう進めていくとのことです。

【新規受注を停止する商品】

[水道直圧給湯]
フルオート 標準タンク
BHP-F56UD
[水道直圧給湯]
フルオート 標準タンク 屋内設置仕様
BHP-F46UDM、BHP-F37UDM
[水道直圧給湯]
フルオート(高硬度水道水・井戸水対応)標準タンク
BHP-FW56UD
フルオート 標準タンク BHP-F56UU
フルオート 標準タンク 耐重塩害仕様 BHP-F46UUJ、BHP-F37UUJ
フルオート 標準タンク 屋内設置仕様 BHP-F46UUM、BHP-F37UUM
給湯専用(オートストップ機能付き) BHP-ZA46UU、BHP-ZA37UU
給湯専用 BHP-Z46UU、BHP-Z37UU
給湯専用 耐塩害仕様 BHP-Z46UUE 、BHP-Z37UUE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日立ニュースリリース:日立家庭用エコキュート 供給に関するお知らせ】
https://kadenfan.hitachi.co.jp/kyutou/oshirase/20220801/

 

対象商品のニーズは5%とありますが、「屋内設置仕様」「耐塩害仕様」など、特殊な製品です。
ニーズは多くはないといえども、屋内にしか設置できない場合や、海の近くにお住まいの方など、必要な方がいらっしゃいます。
塩害でサビサビのタンクを見かけますので。

お客様には早めにお知らせしてあげましょう。